ベビーシッターの資格試験って何?

subpage01

子どもが好きだという人や人の役に立つ仕事がしたいと思っている人の中には、ベビーシッターになりたいという希望を持っている人はたくさんいます。

実はベビーシッターになるためには特別な資格は必要ありません。


自分で仕事を探したり、人づてに聞いたりすることでシッターとして働くことは可能です。

ベビーシッター情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

しかし、やはりさまざまな場面で子どもに対してどのように対応するべきか、などを深く掘り下げて勉強したい人には「ベビーシッター資格認定試験」を受けることをおすすめします。

多角的な視点から毎日新聞をご紹介いたします。

これは、決められた要件を満たしたシッターが受験することができる認定試験です。



満たさなければならない要件とは、18歳以上で研修等の受講を修了証を有する実務経験者であることです。


この場合の実務経験とは、特に期間等が決められていません。
ベビーシッターの今後の需要は右肩上がりに増えることが予測され、資格認定試験に合格すれば周りからもより信頼を得られやすく、仕事の幅も広がるのではないでしょうか。また仕事を探す際にも資格があるのとないのとでは難易度が変わってくることでしょう。受講修了証を得るためには、決められたカリキュラムを字勉強することになりますが、こちらは通学と通信のどちらでも受講が可能です。この資格は民間資格なので、講座の期間も試験内容もスクールによって少しずつ違いがあります。
早くベビーシッターになりたいという人は講座の期間が短いところを選ぶと良いでしょう。